未就学児の支援

Posted In: 未分類

待機児童と呼ばれる、幼稚園や保育園に入園出来ない子どもたちの支援のため、新規に保育園を増設したり、保育士を育成する動きがあります。
企業に対しても、育児休暇(育休)を取得者に対する支援を要請する等、国を挙げて「待機児童0」の実現に取り組んでいます。未就学児の支援は、国としても喫緊の課題と捉えています。特に経済事情の悪化により、教育を受ける機会を奪われている子どもたちが多いことを踏まえ、その対策に乗り出しています。

未就学児は、3歳から6才(小学校入学前)の児童を指します。0歳から2歳の子供は乳幼児と呼ばれます。未就学児問題は、先進国に共通の課題です。その取り組みは各国で急がれていますが、いまだ不透明の個所も多く、解決方が模索されています。

日本の教育制度では、幼稚園や保育園に通わせる事は任意です。しかし、ほとんどの親御さんが、お子さんを幼稚園などに通わせている以上、その対応は急務と言えます。
未就学児のお子さんをお連れの方は、きちんとしたしつけを心がけましょう。どの施設も、近所づきあいが大切です。特に、目上の方に対する礼儀はきっちりと守りましょう。最低限の事を正しく行うことで、状況を好転させられるでしょう。



未就学児の支援 はコメントを受け付けていません。